読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっさんの もうしおくり from マラウイ

青年海外協力隊、看護師としてアフリカはマラウイにて活動中。マラウイでの生活や協力隊のことをゆるーく書いています。

メイズ輸出と国内飢餓

一昨日の3/27より、家の前の道にトラックの行列ができています。

全く動く気配はないため、私の雇っているウォッチマンに聞いてみたところ、

このトラックは全てルワンダへの輸出待ちでここにいるそうです。

積荷はメイズ(甘くないトウモロコシ、マラウィアンの主食)。

何故停まっているか、

それは私の家の先にある警察署で輸出の許可をもらうため、とのこと。

f:id:nassan0220:20170330060257j:plain

 

↓警察署(私の

 

家から徒歩1、2分)

f:id:nassan0220:20170330060317j:plain

 

 

マラウイではほぼ毎年のように、乾季の終わり頃~雨季中頃まで食料不足(主にメイズ)が起こっています。

 

原因は大きく2つ

マラウイの気候

・作物の不作

 

マラウイには乾季と雨季の2つの季節しかなく、乾季には全く雨が降らず作物が育たないことが原因です。(雨季は年間4か月ほどしかなく、通年水不足)

メイズは雨季の終わり頃に収穫し、次の雨季が来るまでその蓄えで生活しますが、乾季の終わり頃になると量が足りなくなるとの事です。

何故不足になるか、その原因に収穫量の減少が挙げられています。雨季には度々洪水が発生します。洪水による被害で作物がダメになってしまうこともあり、収穫量が減ります。また、現在育てられているメイズの種類にも原因があるとのこと。今マラウイで育てられているメイズは先進国から持ち込まれた品種改良済みのものだそうです。当時は従来の物の○倍の収穫ができる、という触れ込みで広まっていったそうですが、この種は土地の栄養も吸い取ってしまうため、それまで必要としていなかった肥料が必須となりました。それまで土地さえあれば育てられたものにお金がかかるようになったため、一度不作等で収入が減少してしまうと次のメイズを育てられなくなります。

 

マラウイでは約8割の国民が農業に従事しており、収入も微々たるものです。

(平均収入は350USドル!!2015年)

 

 

このような理由から、毎年食料不足が起こるのですが、

メイズ収穫後のこの時期には輸出を目的としたトラックが首都や地方からカロンガに多く集結します。(北部にある国境に最も近い警察署がここ、カロンガとのこと)

輸出した方がメイズが高く売れるそうなのですが、国内からは食料不足が予想される中で他国に輸出することに対して反発の声も上がっています。

そのため、ここで止められているトラックは、裁判所で輸出の許可を得て、警察で登録したうえでようやく出国できるそうです。(警察署で聞いてきました)

判決は明日。判決が出て、2、3日もあればトラックもいなくなるでしょう、とのこと。

 ↓カロンガ町中にある裁判所。よく周りに人が集まっているのを見るので、頻回に裁判が行われている様子

f:id:nassan0220:20170330061359p:plain

マラウイは最貧国の一つであり、その主要産業は農業。

メイズの不作で通貨マラウイクワチャの価値は数年前の半分程度まで下がっています。

外貨獲得と国内需要、、、難しい問題です。

今年はメイズが豊作になりますように

色の名前を知らない子供達

週末に、最近知り合ったNPO所属のオランダ人の女性の家に遊びに行きました。

 

この方は現在TTC(teacher training center:小学校教員育成学校)で未来の小学校教員を育てる手伝いをしています。

 

私達JOCVとは格の違う、素敵なお家でランチをご馳走になりました。(彼女はベジタリアンなのでベジタリアンフード)

 

そして、その後プライベートでおもちゃを使った教育の仕方を、近所のマラウィアンと幼稚園の先生に教える、とのことで見学させてもらいました。

 

f:id:nassan0220:20170330055322j:plain

写真に写っているようなおもちゃはマラウイでは都市にしかありませんし、かなりのお金持ちしか買えません。

 

マラウイの子供達は基本的に自然の中で遊ぶか、木の枝を振り回したり、その辺に落ちているワイヤーで車を作って遊んでいます。

f:id:nassan0220:20170330055713j:plain

私がこちらで見たローカルのおもちゃはこの車だけ。既製品は持っていません。

 

マラウイにない物での教育の仕方を教えたところで、今後に繋がらないのでは、という意見もあるとは思いますが、このような遊び、そして遊びを通じた教育があるということを紹介できただけでもマラウィアンにとってはとてもいい刺激になっているようでした。

 

また、いくつかは工夫をすればこちらで手に入る材料でも作れそうなので、いつか私も作ってみようと思います。

 

f:id:nassan0220:20170330055449j:plain

そして、その中で1つ、とっても衝撃的なことが発覚しました。

 

子供は色の名前を知らない!!

 

日本の子供であれば小学校入学時には基本的な色は知っているでしょう。

 

しかし、

 

今回集まった子供達(小学校3,4年生)は色を答えられませんでした。

 

色は識別できています。が、名前を知らない。

 

ちなみに、現地語では色は青、赤、黒の3色しかないので、他の色は英語で表現されます。

 

色の名前を知らない…ということは、学校で英語の授業で初めて習うのではないか、との考えに至りました。マラウイでは小学校5年生から英語を習います。

 

また、マラウイでは親が子供に教育を与えるということをあまりしません。

小さい子供の世話は兄弟の仕事。そして、勉強は学校でするもの。という考え方があるので学校で習わない知識がなくても納得できます。

  

友人に聞いてみたところ、子供にはそもそも選択肢がほとんどなく、与えられたものを受け入れるしかない環境の為、色や形はあまり気にならないのではないか、という意見も。

 

今までにも何度かありましたが、今回も想像もつかないような常識の違いを目の当たりにしてとても驚いています。

 

任期残り1年と3か月!

 

これからどれだけ発見があるか楽しみです。

同僚看護師と学校保健!

今日初めて同僚看護師と共にプライマリースクールで学校保健活動を行いました。

マラウイには保健室の先生なんて人はいないので、病院配属の看護師の仕事の1つに学校保健が含まれています。

私の所属する病院には学校保健を担当する看護師が1名いて、赴任した当初は院内外で色々打ち合わせをしていました。

学校保健では、私たちの他に2人は一緒に学校へ行く看護師が必要なのですが、結局その看護師たちの給料が出せない、という予算上の理由で活動はしばらく無理そうだという結論に至りました。

そのため、学校関係の活動を私一人で始めていたのですが、

なんと!同僚看護師が学校保健の計画を進めてくれていました!

第一回目は私がTV会議で首都にあがっていたので参加できませんでしたが、今回2回目には参加できました。

今回は近所のプライマリースクールでの活動だったので、同僚たちとは現地集合しました。

開始時間は8:00

私は7:45に学校に到着 (いやー日本人らしい!と自分を褒めました)

同僚が到着しないまま8:00、、、8:15、、、8:30が経過。

私は校長先生と共に校長室でまったり。

そして、校長室で座っていることに飽きたので、試験中の学校の教室を回り知り合いの先生たちとお喋りをしていたら

 

ついに同僚到着!!

 

時間は、、、9:10!!!!!

 

移動車の手配などでどうせ遅れるだろうと、最初から予想はしていました。

どうも最近時間の感覚がマラウィアン化してきているようで

1時間くらいの遅れなら気にならなくなっています。

今回は校長先生から「電話しないの?」と言われましたが、「そのうち来るでしょー」と私。

帰国後の日本での生活が心配です。

 

さて遅れたものの、全員揃ったので活動開始です。

まずは1年生のスクリーニングから。

 f:id:nassan0220:20170325134212j:plain

 

身長、視力、体の異常の有無のチェックをしました。私は身長を担当。

体の異常のチェックでは腹水(栄養状態)や背骨の湾曲の有無、カビの有無等を調べていたようです。

 

そして、10名程の生徒が頭にカビが生えていました。

f:id:nassan0220:20170325134502j:plain

その子達には軟膏等の薬を渡して終わり。

2時間ほどかけて100人程をチェックして

 

次は8年生の健康教育。

 

同僚は10代での妊娠について、私はマラリアについて話しました。

 

いつもは6年生を担当していたので、8年生との違いに驚きました。

かなり質問も出ていましたし、英語もかなり上達していて、全ての反応が良かったです。

これは1人で授業をしたらきっと、私が生徒の英語を理解できない…!ということに気づいてしまったので、これからはもっと準備を頑張ります。

 

12:00頃に全て終了しました。

 

いつも1人で授業をしていたためか、今日の活動は本当に楽しかったです!!

 

第3回目が近々できますように。

あ、学校休みに入る…次は5月ですかね。

学校保健テレビ会議

3/10 学校保健テレビ会議が首都リロングェで行われました。

このために片道2日かけてはるばる首都まで行ってきました。

遠かったー!何だかんだで2か月に1回は首都に上がっています。次は4月の初旬…

 

さて、テレビ会議とは、インターネットを利用して世界中で活動する隊員達と活動紹介や活動に関する話し合い等を行うことです。

 

普段他国の隊員達と連絡を取り合うことはあまりないため、他の隊員がどのような活動をしているかを知る良い機会となります。

 

テレビ会議は大抵、世界中の青年海外協力隊員の中で、同じ職種や活動をしている隊員達を集めて行います。

 

今回のテーマは「学校保健」

 

学校保健に関わることならどの職種、配属先でも参加可能で、今回は

看護師、保健師、公理学療法士、衆衛生、感染症エイズ対策、コミュニティ開発、栄養士、教員(体育、理科)

が集まりました。

参加国はアジア、中東、アフリカから18か国と日本のJICA関係者。

 

主催国モンゴル、発表者3名、日本時間18:00-20:00(マラウイ時間11:00-13:00)

 

以下発表者の活動内容

モンゴル派遣のA隊員は、伝統的食習慣や運動習慣等を見直し、派遣国の主な疾患との関連を見出して地域特性を考慮した健康教育。

ルワンダ派遣のB隊員は、主に水に関する衛生教育をペットボトルを使用した手洗い器の設置や、デンプンを使用した手洗いチェック、石鹸の代わりに灰を使用した手洗い方法の普及等、任地で安価に手に入る物を使用した活動。

タンザニア派遣のC隊員は生活習慣の改善を目的とした、栄養指導を栄養失調病棟や小学校で行っている。現地の人々が多くの誤った知識や誤解を持っていることに気づき、正しい知識の普及や、行動変容を目指した活動。

 

これらの活動で共通してることは、子供の頃からの衛生概念の定着、ボランティア引き上げ後でも現地の人々で継続できる持続性を考えた活動であること、を意識していたことです。

 

また、日本から参加の技術顧問より、学校保健とは健康や栄養に関することだけでなく、人間性や人権に関する事柄も含まれるため、幅広い教育が必要であること、また、教育による知識獲得後の行動変容に関しては、発展途上国の人々は抽象的考え方を理解することが難しいため、具体的な指導を通して理解を促し、行動変容に結び付けていくことが重要であるということ、また、栄養状態は最も収入が影響を及ぼしており、その収入は父親の教育レベルに関与している、つまり、父親の教育レベルが栄養状態に結びつく、という興味深い研究結果も紹介されました。

 

他隊員の活動内容を聞いたり、質疑応答で活動の意義や方法について話し合うことで自分の活動を振り返る良い機会となりました。

 

それにしても、モンゴルの学校の設備はすごかったです。写真で見る限り完全に先進国!!

その後のルワンダの発表での写真は、マラウイと同じような光景(レンガの学校、水道無し、電気無し)で何故かほっとしました。

 

国や地域によって発展度はそれぞれ。他国の隊員の話を聞くたび、マラウイは世界最貧国なのだと実感します。

一般的マラウィアンの家は水道・電気はほぼ普及しておらず、30円ほどの石鹸すら買えない家庭もあります。

 

物がない中で、それでも環境改善に向け何ができるかを考えていきたいです。

ジャンクフードが食べたい

体に悪いものって、美味しいですよね。

任地にいると、なかなかジャンクなものが手に入りません。

少し前までは停電も頻回で店から肉類、乳製品が姿を消していました。(牛乳はLONG LIFEミルク 常温長期保存可能な加工がしてあるものは常時手に入ります)

 

手に入る物は、

・野菜(トマト、キャベツ、じゃがいも、玉ねぎ、ピーマン、にんじん、白菜的な物、何かの葉)

・魚(なまずテラピア、小魚)

・肉(鶏丸々1匹、牛 骨つき0.5kgから、豚 吊り下げられているもの0.5kgから)

・果物(パイナップル、バナナ、稀にパパイヤ)

・主食類(食パン1斤・米・非常にまずいパスタ)

・間食(ポテトチップス等)

 

野菜の下線部は乾季の終わりには姿を消していました。

 

外食  主食1品、副食1品を選びます

主食:シマ、コンドーレ、米(油と塩で炊いてある)、フライドポテト

副食:チキン煮込み、フライドチキン、牛肉の煮込み、フライドフィッシュ、小魚の煮込み

+野菜の炒めもの(油多)、豆の煮もの

 

外食は油っこいので苦手、肉は処理が面倒なのでほとんど買いません。

 

このような少ない選択肢の中で

(本当に食料のない任地の人には贅沢だ!と怒られそうですが、大抵そういう隊員はスーパーがあるような都市が程々に近いので許して。カロンガは1番近い都市まで4時間半!!)

 

毎日生活していると、非常にジャンクフードが食べたくなるのです!

 

そして最近カロンガでもピザが買えることが判明し、ウキウキで食べに行きました!!

 

停電などあり、オーダーしてから約2時間半後にピザを手に入れたのです、が、、、

 

f:id:nassan0220:20170325131444j:plain

あまり美味しくない ( ノД`)シクシク…

 

そんな訳で、都市ムズズに出たときにはとりあえずピザ!

 

お勧めはUmunthu Campのマルゲリータ! 生地の暑さも選べます。

 

f:id:nassan0220:20170325133001j:plain

オーナーは南アフリカ出身の夫婦。ここのTボーンステーキも美味!!

 

ここは宿も経営しているので泊まるのも良いです。

 

ドミトリー:5,000MKW

ツイン(シャワー、トイレ有):2名利用17,000MKW、1名利用12,000MKW

ダブル:あるが現在使用されていない様子

 

ツインは綺麗で良かったです。友人はドミトリーが寒すぎて眠れなかったようですが。

 

マラウイ北部でジャンクフードが食べたくなったらぜひここへ!

 

健康教育 in プライマリースクール ⑦ -ファーストエイド-

今回は「First Aid」

 

応急処置 です!

 

今日が今学期最後の授業で

 

  • 擦り傷・切り傷
  • 火傷
  • 突き指・捻挫
  • 鼻血

 

この4つの対処法を勉強しました。

 

当初、2回に分けて授業を行う予定でしたが、先週私の体調不良の為に授業を行えなかったので

 

今回4つとも一度に行いました。

 

 

マラウイの小学校は、3学期制で

 

学期の終わりには全国統一の期末テストがあります。

 

3学期のテストの結果が悪いと進級できず、同じ学年を翌年もやり直します。

 

そして、この学期末テストは再来週から1週間程かけて行われます。

 

 

来週は私が公務で首都に行っていてカロンガにいないのと、テスト勉強の為、今週で最後にしました。

 

来学期は別の学年を受け持たせてもらう可能性もあり、今の子供達への授業は今日が最後だったかもしれません。

 

ということで、最後の授業ではクラス全員で紙飛行機

 

を折りました。

 

皆真剣に折っていました。

 

見本を見せ、説明しながら折ったら、意外にも全員ちゃんと形になりました!!

 完成☆f:id:nassan0220:20170304021659p:plain

 

そして…全員で外で飛ばしてみました。

 

1番遠くまで飛ばせた生徒に、折り紙で作ったメダルをあげようと思っていましたが

 

手を放した瞬間に全員拾いに行き、どこまで飛んだか全く分からず 

 

競うのは諦めました 笑

 f:id:nassan0220:20170304021955p:plain

 

マラウイでは先生の存在は絶対であり、1対1で話すことはほぼありません。

 

私と生徒が個人的に話すことはほとんどありませんでしたが

 

この2か月間で生徒たちに愛着が沸き、少し名残惜しく感じました。

 

まぁ、また再来週にはテストの様子を見に行くんですけどね。

 

私のつたない英語での授業を一生懸命聞いてくれた生徒と、授業時間をくれた先生たちに感謝です!

ザンビアで地震

現地時間2/24 2:37 日本時間2/24 9:37にお隣の国ザンビアの南部、タンガニカ湖付近でM5.7の地震があったようです。

 

今回の地震では特に被害の報告はなかったとのこと。

 

そして同日朝10時頃、JICA調整員から安否確認の電話がありました。

 

以前に、抜き打ちの安否確認に返信し忘れた私は、今回はちゃんと反応できました!(当たり前ですが)

 

 

ところで、アフリカは地震があまりないイメージがありますが、稀に起こっています。

 

私の任地カロンガでも2年前に大きな地震があり、家の倒壊など結構な被害があったと聞いています。

 

この地域には断層もあり、恐竜の化石も出土しているくらいですから、いつ地震が起こってもおかしくない場所です。

 

トラックが通るだけで私の家は結構揺れるのですが、果たして地震があった時にこの家が今の姿を留めていられるか疑問です。

 

が、いつでも地震が起こるかもしれない…という心構えを持っておくことは重要ですね。日本でもアフリカでも。

 

そんな訳で日本の皆さんもお気をつけて!

 

 

 

 

今週のプライマリーの授業は風邪のためお休みしました。学校には行ったのですが、風邪で声も出ないし、子供たちにうつしてしまうので授業はせずに帰りました。

 

今、マラウイではのどの痛みと鼻水を主症状とした風邪が流行っています。

 

皆さんも体調管理しっかりしていきましょう!!

健康教育 in プライマリースクール⑥ -HIV/AIDs-

今回のテーマはHIV/AIDs

 

アフリカ全体で深刻な問題になっています

 

マラウイでのHIV罹患率は約10%

ちなみに、日本人がHIVに感染する確率は、0.015%です(エイズ動向委員会調査報告)

(元々日本人の感染割合や確率は低いですが、在日外国人の罹患率は高く、そこから日本人への感染も確実に増えているので決して安心はできません)

 

ここマラウイでは、HIV感染している人が極普通に近くにいて、普通に生活しています

 

私が教えている子供たちの中にも母子感染等で感染している子もいるかもしれません

 

そんな訳で今日は

HIVとAIDsの違い

・感染ルート

・予防

・感染源クイズ

 

をしました

 

感染源クイズは

これらの行為でHIV感染するか

・キス(頬、口)    ×

・食器の共有      ×

・トイレの共有     ×

・出産         ○

・会話         ×

・握手         ×

・蚊に刺される     ×

・授乳         ○

・血液に触れる(皮膚×、傷口○)

・針の共有       ○

・性行為(コンドームあり×、無し○)等

 

グループワークで行いました

答え合わせの時にはものすごい盛り上がりを見せました

 

蚊に刺される、と口へのキスが感染源となると思っていた子供が多かったようです

 

授業の後は、日本文化紹介として、アニメを5分程見せました

 

電気もない家に暮らす子供が大半なので、アニメなんて見たことがない子ばかり

 

ものすごく集中して観ていました(先生も一緒に)

 

f:id:nassan0220:20170221173054p:plain

授業中

アニメが始まると…

f:id:nassan0220:20170221173100p:plain

 

 

バレンタインデー

バレンタインデーですね!

 

日本では1月から様々な所にバレンタイン特設コーナーが出現していたのでしょうね。

 

日本では、女性から男性へチョコレート(+プレゼント)を贈るのが主流ですが

 

これ、

 

日本(と日本の文化影響を受けた国)だけだということを知っていましたか?

 

他国では男性から女性へプレゼントを贈る日です!

 

チョコレートよりも花や物が多いです。

 

近年、男性から女性にチョコを送る「逆チョコ」なる物がマスコミに取り上げられていますが

 

日本のバレンタインは元々が逆チョコだったのです!!

 

更に!ホワイトデーも日本の文化で他国にはありません

 

“お返しの日”なんて日本らしいと思いませんか?

 

日本ではバレンタインもホワイトデーも、もう既に行事として定着しているのですから、お菓子業界の作戦勝ちですね

 

 

 

さて、ここでマラウイのバレンタイン事情を

 

バレンタインの概念はあり、恋人と過ごしたり、プレゼントを渡したりする日だそうです

 

他国と一緒ですね

 

しかし、町の雰囲気はクリスマス同様、全く変化なしでした

(都市はどうだったか分かりませんが)

 

また、マラウイにはチョコレートは首都や大きな都市にしか売っていなく、全て南アフリカから輸入品なので、かなりの高級品です

 

必然的に、マラウィアンの大半は食べたことがありません

 

プレゼントも、私たちが想像するような物は任地では手に入りません

 

今回も静かに過ぎていきました

 

 

あー美味しい日本のチョコが食べたい

慣れの問題かもしれませんが、日本のチョコはどの国の物より美味しい!!

明治、森永、グリコ、カルビーのお菓子が食べたいーーー

 

一時帰国時に大量のお菓子を手に入れてこちらに持ってきます!(宣言)

健康教育 in プライマリースクール ⑤ -脱水、ORSの作り方-

今回は前回の下痢の続きで、

 

脱水とその対処法、ORSの作り方を話しました

 

下痢で毎年多くの子供が亡くなりますが、下痢で1番怖いのは下痢自体ではなく下痢が引き起こす脱水状態です

 

 

なので、内容は

・体の水分量はどれくらいか

・脱水とはどのような状態か

・脱水の原因は

・脱水での問題は

・予防法

・脱水時の対応 (ORSの作り方)

 

でした

 

ORS=Oral Rehydration Salts

 

水1Lに対し、砂糖ティースプーン6杯と、塩ティースプーン1/2杯を混ぜた物です

 

何故ORSを推奨するのか、それは

 

脱水の時には体の中の電解質も一緒に排出されるので、水だけではなくそれらの補給も必要です。

また、汗や下痢で多量の電解質を失った状態で、水だけを多量に摂取すると、更に電解質バランスが狂い、状態が悪化することもあります。

 

アフリカには日本のようにスポーツ飲料や、すぐに病院に行ける環境は整っていません

 

よって脱水時には家で簡単かつ、安価に作れるORSの作り方を知っておくことはここでは命を守ることに繋がります

 

 

アフリカでは1Lが計れなかったりティースプーンがなかったりするので、現地の人が分かるように説明

 

水1L=500mlペットボトル2つ分、またはファンタやSobo (Soboはマラウイで人気のジュース)のビン3本分、あなたたちがランチで使っているコップの4杯分

 

等例を挙げて教えます

 

砂糖は4本の指と手のひらで握れた分、塩は3本の指でつかめた分、と説明しました

 

子供たちが作り方を覚えて、いつか役に立つといいなぁ

 

 

そして今回の授業後には、写真での日本紹介をしました

 

四季、日本の象徴富士山・桜、着物や浴衣、結婚式、宗教関連施設(神社、寺)、お城、盆踊りの写真を見せつつ少しずつ説明しました。

 

子供たちは興味津々で聞いてくれていました

 

これから、子供たちの視野が広がるように少しずつ国外の情報も発信できたらいいな、と思っています