読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なっさんの もうしおくり from マラウイ

青年海外協力隊、看護師としてアフリカはマラウイにて活動中。マラウイでの生活や協力隊のことをゆるーく書いています。

デッザ県ムタカタカへ

 

首都リロングウェへ上がったついでに、同じ中部にあるムタカタカへ同期隊員Aを訪ねに行ってきました。

私がここで見たかったものは…電気無し、水無し隊員の暮らし‼

そう、ここで暮らす隊員の家には電気も水道もありません。

電気は、JICAから貸与されるソーラーパネルを使用し、照明や電話・インターネットに必要な電気を発電して使用します。もちろん、冷蔵庫なんてありません。

水は、飲み水は買い、生活用水は井戸水を使用します。1人で生活しても1日30~50Lの水を必要とするので、それだけの重さの水を毎日運ばなければならない…ということになります。隊員たちは、雇っている警備員にお小遣いを渡すなどして、汲んできてもらうことが多いです。

食器等の洗い物は外。トイレは穴式(どっぼん便所)。

家は新築でとってもきれいでした!

 

ムタカタカは、マラウイ湖沿いに位置し、とても暑いです。カロンガと同じくらい暑い…

じっとしていても汗が噴き出てきます。

それなのに、冷蔵庫なしはきつい。

それに、扇風機もない。(AはUSB式の卓上ファンを持っているのでそこそこ快適だそうですが)

 

しかし、ムタカタカのマーケットは想像以上に広く、大抵の食べ物は手に入りそうでした!f:id:nassan0220:20170103015631j:plain

↑ マーケットの中
   ウシパという小魚を売っているところ

 

しかも!!

なんと博物館がありました!!!!

(噂ではマラウイの博物館は3つだけ)

ムタカタカやるなー

f:id:nassan0220:20170103015643j:plain

マラウイの民族や宗教の紹介や、伝統的楽器や衣装、仮面の展示がありました。

入場料:3500MKW(2016年12月現在)

 

 

感想。同期A隊員、本当にそこでよく生活しているよ。隊員の誰かのブログで、マラウイ隊員は自分の任地がどれだけ不便かの自慢をしたがる、的なことを書いていましたが、今回、実際その生活ぶりを見てとても納得しました。電気無し水無しで頑張っている隊員の皆、どうぞ思う存分自慢してください!!